エルエスホーム 株式会社ファン・ライフカンパニーからの新着情報

ZEH住宅の普及について
2016-09-21
経済産業省・資源エネルギー庁は、「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅 (以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。

 エルエスホーム株式会社沼栄では、高気密高断熱な優れた『省エネ』性能と太陽光発電などによる『創エネ』効果で 『エネルギー収支をゼロ以下にする住まいづくり』 を提唱するとともに、ZEH住宅の普及に積極的に取り組んでいます。
 当社では、今後の受注新築住宅の以下のZEH普及目標を掲げ、ZEHビルダー登録に申請いたします。
 
<今後のZEH住宅の普及目標(Nearly ZEH含む)>
平成28年度(2016年度)・・・25%   (28年度実績0%)
平成29年度(2017年度)・・・30%
平成30年度(2018年度)・・・40%
平成31年度(2019年度)・・・50%
平成32年度(2020年度)・・・60%